キャッシング 延滞履歴

お金をいますぐ借りたい時に
> キャッシングにおける延滞履歴の取扱いと情報の見え方

キャッシングにおける延滞履歴の取扱いと情報の見え方

キャッシングにおける延滞履歴は金融会社は信用情報機関に
報告することが義務づけられています。

消費者金融をはじめ金融会社にとっては日常業務の一つなのです。
この延滞履歴の報告を怠ると、注意勧告や除名という処分を
受けることになります。
この中で延滞の取り扱いについて、消費者金融が主に加入している
信用情報機関では入金の予定日から3ヵ月間未入金を定義づけています。
つまり、3ヵ月間延滞することがなければ、信用情報機関では
取り扱わないのですが、返済日の更新で利用者が延滞している、
していないが分かるようになっています。

返済がきちんと実行されれば、入金予定日は次月の情報で更新されます。
しかし、返済をしていないと日付はそのまま固定されるのです。
他にキャッシングしている会社がれば、
一部の会社の返済が滞っているとみえるようになっています。

返済が遅れていることは簡単にわかってしまう

ゆえに信用情報機関で延滞履歴という情報はなくても、
入金返済日の更新情報によって返済が遅れていることが分かるのです。

特に消費者金融では途上与信で定期的に利用履歴をチェックしており、
本人確認要件も併せて照会しています。
1社だけだから大丈夫ということにはならず、延滞履歴はキャッシングを
利用している会社全体に影響が及びます。
増額融資はもちろん、今まで返済の度についていた可能額が
なくなることがあります。
もし、あるキャッシングで融資の可能額がゼロになっていた場合は別の会社の
延滞していた情報が途上与信で引っ掛かったとみることができます。

COPYRIGHT© 2014 お金をいますぐ借りたい時に ALL RIGHTS RESERVED.